FrontPage  Index  Search  Changes  Login

OPM (仮称)

何?

OPN(Oritatte Package Manager) (仮称)

Windows 用ソフトのインストールパッケージと設定ファイルをサーバー上においといて、クリック一発でインストールできるようにする。

あちこち飛び回って、そのたびに開発環境何度も作り直さなきゃならない人向け。

フロントエンド

  • インストールするソフトウェアを選択する
    • Webサービス経由で情報を取得
    • パッケージのダウンロード(圧縮ファイル/msi/exe)
    • 圧縮ファイルの場合は解凍、exeの場合は実行、msiの場合はサイレントインストール。
    • アップデートにも対応
  • 設定ファイルの管理
    • Subversion のコマンドを正しく叩く知識が必要
    • 設定ファイルを指定ディレクトリに展開、regファイルは書き込み。
    • 設定ファイルは手動でサーバーに反映できる。また、再読み込みもできる。
    • アンインストールもできる。

バックエンド

  • ASP.NETかPHPか。あとSubversion
  • 登録用インターフェイス完備
    • 手動登録
    • ソフト発行元からの定義ファイルの取り込み
  • インストールファイルは手元で管理する
    • 配布元が消えたときの対応
  • 登録されているソフトウェアの自動更新機能

ディレクトリ構成

リポジトリ

http://anywebsite/opmroot/opmrepo.xml              (リポジトリ登録済みファイル)
http://anywebsite/opmroot/[vender]/[softwarename]/ (ソフトウェアのディレクトリ)

ソフトウェアのディレクトリ以下
 opm.xml (インストールマニフェスト)
 xxx.exe (EXE形式インストーラ)
 xxx.msi (Windows Installer パッケージ)
 xxx.zip (ZIPファイル(それ以外の形式のものは再圧縮が必要))

設定ファイルリポジトリ

http://anywebsite/svn/opm/[user]/[vender]/[softwarename]/
Last modified:2007/10/06 17:30:42
Keyword(s):
References:[FrontPage]