FrontPage  Index  Search  Changes  Login

Windowsしかつながらないネットワーク接続を共有する

Windowsしかつながらないネットワーク接続を共有する

接続経路図

こんな感じ

LAN-(USB)-Windows-(ICS)-Mac-(接続共有)-各マシン
     無線         有線       無線

必要なもの

  • 共有する経路以外に開いている有線ポートがある、Windows
  • MacBook

手順

1.共有する経路へ接続する

  • 単体で正しくインターネット接続できるか確認
  • WindowsとMacを有線接続する。MacにAutoMDI/MDI-XがあるのでケーブルはストレートでOK。
  • コントロールパネル>ネットワーク接続 を開いておく。

2.共有する経路のIPアドレスを確認

  • 共有する経路(インターネット側)の接続をダブルクリック
  • IPアドレスが 192.168.0.xxx になっている場合は4の手順が必要

3.ネットワーク接続共有を設定

  • 共有する経路(インターネット側)のプロパティを開き、詳細設定タブへ。
  • インターネット接続共有の「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピュータのインターネット接続をとおしての接続を許可する」にチェック。

4.クロスリンクのIPアドレスを設定

必要な場合のみ設定

Windows側の設定

  • クロスリンクの接続(ローカル側)をダブルクリック、「インターネットプロトコル(TCP/IP)」の詳細設定を開き、以下の値を入力
    • IPアドレス:192.168.5.1
    • サブネットマスク:255.255.255.0
    • デフォルトゲートウェイ:空欄
    • DNS:空欄

Mac側の設定

  • システム環境設定のネットワークを開きEthernetを選択
  • 構成を「手入力」にして以下の値を背邸
    • IPアドレス:192.168.5.2
    • サブネットマスク:255.255.255.0
    • ルーター:192.168.5.1
    • DNSサーバー:192.168.5.1

5.Windows-Mac 間クロスリンク接続

  • 4の設定をしていない場合はシステム環境設定のネットワークを開きDHCPリースを更新する
  • Macから接続できるか確認

6.Macで接続共有開始

Last modified:2008/04/06 23:28:17
Keyword(s):
References: